読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Journey -南アジアに恋して-

南アジアに恋する20歳。"環境に配慮した社会・国づくり"を学ぶ私のインド滞在記。☘ 4月から渡航予定

インド行きを決めた理由②

 

こんばんは。ご無沙汰してます🙇

 

最近は3週間弱に渡って行われている大学の新入生向け合宿のTS(Teaching Supporter)をしているため、バタバタしていて投稿するのも忘れていました😂

 

自分の担当するクラスの受講生達のために授業をおこなったり、受講生ひとりひとりの悩みや不安の相談を受け&気にかけたり、そして大学でのリソースを最大限に生かしてもらえるように働きかけることなど、大変な毎日ですが、受講生たちが本当に可愛いから頑張れちゃいます!!😊

 

 

 

で、本題。

インド行きを決めた理由①ではインターン先との出会いについて紹介して来ましたが、今回は違うから観点から。。。

 

 

私がインド行きを決めた理由

②新しい刺激を求めて

 

私が大学に入学してもう直ぐ2年が過ぎようとしています。

大学では、もちろん授業を一生懸命に頑張りながら、これまでに 私の大学ならではのイベント(multicultural week)や海外研修プログラム、新入生をサポートする団体、新入生向け授業のTAなど、自分が興味を持ったことはどんどんやって来たつもりでした。

 

しかし、もっともっと大きなことにもチャレンジしてみたいって、思ったんですよね。

ドMじゃないけど、もっと自分自身に試練を与えて強くなりたいというか。。。

 

そう思っていた時に2016年夏に大学のフィールドスタディでインドのを訪問し、大きな刺激を受けました。

 

イメージしていたインドと違うと。

 

インドって、女性が差別されているイメージがありがちだけど、

実際は女性が優遇されている習慣があったり、電車なんかでは女性専用車両が必ずあったり。

 

インド人って、ターバンを巻いた人!っていうイメージがありがちだけど、

実際はターバンを巻いている男性はシーク教徒という人たちで、インド人全般を指しているわけではなかったり。

 

他にもたくさんあるけど、とにかく、ほとんどの日本人が想像するような「インド」とは全く違っていたんです。

実際に行ってみないと分からないような感覚!

 

だから、今度はもっと長期でインドに住んで、「本当のインド」というものをこの目で見て、できる限り私の周りの人に伝えたいなって思ったんです。

 

 

 

・長期で海外に住むのは今回が初めて。

・情報は少ないしカルチャーショックは多そう。

でも、そこで待ち受ける大きな試練はきっと自分をもっと強くし、成長する機会を与えてくれるはず。

 

多くの可能性を持ち、多くの刺激を受けることができる国。。。
それが、自分の場合、インドだと思った。

 

 

自分の適応力・寛容性を生かして、インド人と共にたくましく生きて行きたいです。

 

 

 

 

 明日もCamp頑張る👍

 

渡航まであと19日。。。